スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解雇規制を緩和しても、若者の雇用環境は改善されない―労働経済学者、安藤至大氏が語る”今後目指すべき働き方”(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス)

なかなかなネタをご紹介しましょう。


解雇規制を緩和しても、若者の雇用環境は改善されない―労働経済学者、安藤至大氏が語る”今後目指すべき働き方”(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス)より

解雇規制を緩和しても、若者の雇用環境は改善されない―労働経済学者、安藤至大氏が語る”今後目指すべき働き方” 現代社会の問題点を改めて提示する新感覚のインタビューシリーズ「SYNODOS×BLOGOS 若者のための『現代社会入門』」。第4回目は労働経済学者の安藤至大氏にご登場いただきました。雇用の世代間格差を解決するための手段として、しばしば「解雇規制の緩和」が挙げられることがあります。これは、過剰...

関係記事は就職・転職・就活の話題・ネタならこちらへで探せますよ。


そのほかの意見ですが、、
[ 解雇規制を緩和すれば本当の意味での試験採用が実現する。試験や面接で優秀さは分からない。一番いいのは一緒に働いて成果を出してもらうこと。 ]
[ 「たくさんいるというのであれば、データを取って見せて欲しい」と言うがたくさんいないというのであれば、データを取って見せて欲しい。「思う」で意見を言うな。 ]
[ 解雇規制緩和や有期雇用とかの問題より、労働法をきちんと守らせるのが先。「守れないなら守れる法規制にしよう」という考えでは女工哀史に逆戻りだろう ]
[ 当たり前。雇用対策は景気浮揚以外に無い。 ]
[ 確かに短期雇用だけど給料が高いとか長期雇用だけど給与安いとかバランス(?)と選択肢が必要かも?/解雇規制緩和では若者の雇用環境が改善されないのは、米国を見れば明らかかと。 ]
[ いつもの話か…と思いきやなかなか個性的なアイデアが出ていてよかった。俺もこの人のような市場原理主義者かも。/解雇規制を緩和しても、若者の雇用環境は改善されない―労働経済学者、安藤至大氏が語る”今後目指 ]
[ ”採用時の最後の決め手は、この人と一緒に働きたいと思えるかどうかです。しかし、その人がしてきたこれまでの経験も重要です。「私は〜ができます」と口で言うことは簡単ですが、それを信頼してもらうのは難しい ]
[ 人材の育成と活用を…十分にやらなかった企業が「この人は使えないからクビにしろ!」…は一方的中小企業の話を中心に議論する必要今こそ仕事を作るのが国の責務→概ね、基本を押さえた正論。 ]
[ うむうむ ]
[ 解雇規制の撤廃とは、働く人全員が日雇い労働者になるということ…細切れの契約しか許さないということを意味します。…契約を1種類に限定すると言うのは非常に経済学者らしからぬ発想 ]
[ 新卒の採用は直近の経済状況に左右されるからな。雇用の調整弁だよ。 ]
[ 企業は使えない中高年がいても切らないという説の根拠が余りに薄弱。彼らの存在が組織文化に与える悪影響まで考えてみると、そんなお花畑思考できるはずがない ]
[ ツールとしての労働法が労使共に使いにくい現状、といった話 ]
[ 定年までの無期雇用なんて契約があるのか?「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる」(民法第627条第1項) ]
[ 違うな。首にするときに無駄にペナルティ的な費用が発生しない、が正しい。 ]
[ 仕事と会社と適材適所、いろいろ考えると面倒で大変で難しいよなあ…。 ]

さてさて、どんなもんかと。

次回も興味を引いたネタを紹介しますよ。

ちなみにこちらもどうぞ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukae321

Author:fukae321
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。