スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「Source Maps」登場 - Publickey

またまた興味深いお話をご紹介しましょう。


圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「Source Maps」登場 - Publickeyより

圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「Source Maps」登場 JavaScriptをデプロイする際には、できるだけ小さくするために余計なスペースや改行を取り除き、さらに関数名なども変換して圧縮することがあります。しかし圧縮後のJavaScriptにバグが見つかるとそのままではデバッグしにくいため、いちいち元のソース...

そのほかCSS(スタイルシート)のテクニックとトピックのポータルでどうぞ~。


そのほかの評価は↓
[ ほぇー ]
[ 「//@sourceMappingURL=/path/to/file.js.map」的な記述を入れて参照。.map自体はJavascriptの圧縮コンパイル時にオプションで生成。 ]
[ ✔圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「SourceMaps」登場 ]
[ メモり ]
[ これが一般的になれば、CoffeeScriptが一気に来る気がする。 ]
[ え、すごい ]
[ これいいな。あと別にブラウザである必要すらないからemacsとかの拡張とかでも出るんじゃね? ]
[ JavaScript圧縮まではまだ理屈が分かるけど、CoffeeScriptなんかはどうやるの?バージョン依存が激しそうな予感。 ]
[ そっか、cooffeescript使うとデバッグの時にコンパイルする前のコードでどこが悪かったのか、直接出てくる訳じゃないんだ ]
[ 圧縮後のjavascriptでも元のソースを参照できる ]
[ かなりよさげ。早く使えるようにならないかな。 ]
[ これは気になる ]
[ CoffeeScriptレベルのデバッグができるって凄い気がする… ]
[ ほほう ]
[ 圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「SourceMaps」登場 ]
[ たのしみ ]
[ ほー ]
[ これは素晴らしい。捗ることだろう。 ]
[ 圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「SourceMaps」登場-Publickey ]
[ 見てる: ]
[ いい感じ ]
[ ほう! ]
[ リバースエンジニアリング ]
[ これはちゃんと見よう。 ]
[ 難読化また圧縮されたJSをオンラインで復元 ]
[ へぇすごいなこれ ]
[ コンピュータ・ITjavascriptcoffeescriptプログラミングデバッグprogramming ]

さてさて、どんなもんかと。

これからもおっ、と思う話題をあげていきます。

ご参考までにこちらもどうぞ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukae321

Author:fukae321
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。